大学に進学するために必要な学習塾~カキカキ賢く勉强術~

勉強

予備校選びのポイント

文房具

主に2つの選択肢

医学部進学をより確実にするためには、予備校に通うことを考えることでしょう。選択肢として、医学部専門予備校に通うか、大手予備校に通うかの2つに分かれると思います。いずれも医学部への進学実績は多数ありますが、まずそれぞれの特長を見ていきましょう。医学部専門予備校では、少人数制で10人以下でクラス編成を行っていることがほとんどです。学習進捗状況や理解度に関する管理も学校をあげて行っていますので、きめ細かで厳しい指導を行ってくれるでしょう。また医学部受験に特化していますので、医学部に焦点をあてた大学別の指導も期待できます。一方で、大手進学予備校では、多数の競争相手が在籍していますので、模擬試験などでライバルを意識しながら学習できる点です。近年ではオンライン授業もありますので、自分に合った講師を選べる点もメリットとなります。

どちらを選ぶかの判断基準

医学部専門予備校の場合は、講師の数や、ライバルが大手予備校に比べて減ってしまうことが挙げられます。また、少人数制などのシステムで、一般予備校よりもきめ細かな指導が行われるという利点は備わっています。成績を確実に上げたいのだけれど、ついつい自分に甘くなってしまうという方には医学部専門予備校を、自己管理ができていて積極的な方だという方は大手予備校を選ぶことを考えてみても良いでしょう。ただ医学部専門予備校は特化して勉強が行えるという強みもあるので、医学の勉強を集中的に行ないたいという人は、医学部専門予備校の方が適しているでしょう。予備校ごとに学費が違っていたり、特色や雰囲気も違っているので、まずは体験で見学に行き、自分に合うところに決めるといいでしょう。